MENU

工場用 ウォーターサーバーで月々のコストを抑える水とは?

宅配ミネラル

工場用でウォーターサーバーを設置する場合、従業員さんの休憩に一役買ってくれます。工場は、気温が高くなることもあり喉が乾きます。仕事が忙しくても10時や15時に一杯飲むと気分がリフレッシュされて作業効率がアップするのではないでしょうか。

 

工場用としてウォーターサーバーを申し込む場合に気になるのは、月々のコストだと思います。
作業員が多ければ多いほど、コストが高くなるのですが、目安として作業員20人に2本〜15本が目安です。

 

よく医者や薬局などでウォーターサーバーを見かけることが多いと思うのでのですが、ウォーターサーバーの水は「RO水」が多いです。
それはなぜか?従業員の方だけではなく、不特定多数の方が飲まれる場合。水のボトル数が多いです。

 

例えば、RO水の価格は、1,200円前後、天然水の価格は2,000円前後です。断然RO水の方が安いです。
ただ、RO水を選んでもRO水を扱う業者は、ウォーターサーバーのレンタル料が有料になっていることもあります。トータルコストで比較する必要があります。

 

工場用でウォーターサーバーを始める場合は、配達間隔を最長の1ヶ月にしてしまうと水の保管場所が大変です。せめて2週間毎、1週間毎にすると水の保管場所を気にする必要がありません。

工場用ウォーターサーバー RO水コスト比較ランキング!

アルピナウォーター
ウォーターサーバーならアルピナ

アルピナウォーターは、ウォーターサーバー業者で断然安いです。12Lで千円以下(税抜き)の業者は、他にありません。お客さんが不特定多数の人気のケーキ屋さんにもアルピナウォーターが置いてあるのを見かけたことがあります。月々のコストを抑えたいサーバーをお探しなら、「アルピナウォーター」です。
ただ、水のボトルは「ガロンボトル」を使用しているため、捨てることができません。次の配達時に返却する必要があります。
10本申し込んだ場合の月々のコストは、1,023円×10本+617円の10,847円です。

RO水12L価格  レンタル料 宅配エリア
1,023円 617円/月 関東・関西・愛知・甲信越・四国

宅配ミネラル

コスモウォーター


コスモウォーターは、北海道と沖縄を除くエリアの宅配が可能なサーバーです。アルピナウォーターよりもコストは高くなりますが、使いやすさはNO.1です。
例えば、水のボトルは使い捨てでチャイルドロック機能を解除するサーバーもあります。ほとんどのウォーターサーバーは、温水にチャイルドロック機能が付いています。工場用ならチャイルドロック機能が不必要です。

 

10本申し込んだ場合の月々のコストは、1,350円×10本の13,500円です。

RO水12L価格 レンタル料 宅配エリア
1,350円 無料 北海道・沖縄を除く

宅配ミネラル


アクアクララ

アクアクララは知名度もあり、北海道や沖縄にも宅配可能のサーバー業者です。また、水の工場を多く持っていることから、災害時にも水不足になりにくい業者です。
アルピナウォーターと同じで「ガロンボトル」になります。
アクアクララは、「1週間無料お試し」が出来ますので、実際に契約する前に体験することがきます。
10本申し込んだ場合の月々のコストは、1,296円×10本+1,080円の14,040円です。

RO水12L価格 レンタル料 宅配エリア
1,296円 1,080円〜 全国

宅配ミネラル

ウォーターサーバーの導入前に気をつける項目

ウォーターサーバーを工場で導入する場合に気をつける点は「コスト」です。
月々にかかるコストは水代をはじめ、電気代・サーバーレンタル料などいくつかありますが、その中でも一番金額が大きいのが水代です。

 

5人未満であれば家庭とそれほど大きく変わりませんので、家庭用ウォーターサーバーの注意点を意識しておけばよいですが、来客時にしても使用するなど不特定多数となると水代もバカになりません。

 

水代をできるだけ抑えるためには、RO水がオススメです。天然水はRO水に比べコスト高になってしまいます。

 

そのため、工場でウォーターサーバー 申込みする際には水代を第1に置いて選ぶことが大事です。次にその他の月々かかるコスト項目をチェックすると選びやすくなると思います。水代はチェックしたものの、その他のコストが大きければトータルでは損してしまいますから。業者によって無料になっているもの、そうでないものと大きく異なります。

 

上手なウォーターサーバー選びで作業効率、生産性アップを目指して下さい。

従業員の健康重視で選ぶなら天然水!

天然水は、RO水に比べてミネラル含有量が高く、
採水地によって独自の成分が配合されています。

 

例えば、富士山の麓を採水地とするならバナジウムが入っています。
また、大分県日田市を採水地とするなら
有機ゲルマニウムやシリカが含まれています。

 

日田の誉口コミは、話題のミネラルを紹介しています。